>>> 温泉宿の宿泊料が大幅値引きになる楽天カード <<<

善光寺ってこんなとこ

善光寺に見学に訪れた観光客「牛に引かれて善光寺参り」「遠くとも一度は参れ善光寺」で有名な善光寺(ぜんこうじ)。誰もが一度はその名を目や耳にしたことがあると思います。善光寺は642年の創建で、日本において仏教が諸宗派に分かれる以前からの寺院であることから、無宗派の単立寺院として庶民に親しまれており、現在も年間約700万人もの人々が参拝に訪れる信濃地方きっての霊場です。

善光寺は数度の火災に見舞われており、現在の本堂は江戸時代中期に再建されたもの。東日本における最大規模の仏教建築として国宝に指定されています。他にも山門(三門)・経蔵(きょうぞう)・釈迦堂の釈迦涅槃像が重要文化財に指定されており、善光寺全体の歴史的・文化的価値の高さをうかがわせています。

善光寺の見どころ

■山門(三門)(さんもん)

寛延3年(1750年)建立の山門(三門)は、二層の入母屋造りで高さが20メートルあり、国の重要文化財に指定されています。

■善光寺本堂(ぜんこうじほんどう)

現在の本堂は、宝永4年(1707年)の再建。建物は「撞木造り(しゅもくづくり)」と呼ばれる屋根を持っており、高さ約27メートル、間口約24メートル、奥行約53メートルの規模を誇る江戸時代の中期を代表する仏教建築で、国宝に指定されています。

■経蔵(きょうぞう))

経蔵とは、仏教寺院における建造物(伽藍)のひとつで、経典や仏教に関する書物を収蔵する建物です。経蔵の内部には釈迦如来像、如意輪観音像などの像が安置されています。

■釈迦堂(しゃかどう)

ご本尊として重要文化財の釈迦涅槃像が安置されています。

■御三卿の間(ごさんきょうのま)

本堂内陣右側の奥にあり、善光寺ご開山の本田善光とその妻、息子の像が安置されています。

■日本忠霊殿(にほんちゅうれいでん)

戊辰戦争から第二次世界大戦に至るまでの戦没者を祀る慰霊塔。善光寺史料館が併設されており、奉納絵馬など庶民信仰に関する資料が展示されています。

善光寺の祭事

(1月)
・ 元旦 - 朝拝式(ちょうはいしき) 善光寺の全僧侶により行われる、新年最初の法要。
・ 元旦~3日 - 修正会(しゅしょうえ) 正月三が日の間に行われる、国家平安を祈る儀式。
・ 6日 - びんずる廻し(びんずるまわし)妻戸台の周りをびんずる尊者像と参拝者が廻る行事。
・ 7日 七草会(ななくさえ) 朝拝式・修正会に御印文加持・御印文頂戴などが組み合わされた法会。
・ 7日~15日 御印文頂戴(ごいんもんちょうだい)善光寺如来の分身といわれる三判の宝印「御印文」を、僧侶が参詣者の頭に押し当てる儀式。
・ 15日 お焚き上げ(おたきあげ) 正月飾りや書き初め、旧年中のお札や達磨などを読経とともに焚き上げる。
・ 25日 法然上人御忌(ほうねんしょうにんぎょき) 浄土宗の宗祖、法然上人の忌日法会。

(2月)
・ 3日 節分会(せつぶんえ)。

(3月)
・ 15日 御会式(おえしき) 本尊・善光寺如来が遷座されたことを記念して行われる法会。
・ 春彼岸の入り、中日、明け 彼岸会(ひがんえ)。

(4月)
・ 8日 針供養(はりくよう)。

(5月)
・ 4日 伝教講法会(でんぎょうこうほうえ)春の法会は日本天台宗宗祖伝教大師最澄の忌日に行われる。

(6月)
・ 30日 盂蘭盆会(うらぼんえ) 6月と7月の2回執行され、僧侶が鳴らす双盤に合わせ、妻戸台の大太鼓が参詣者によって叩かれる。

(7月)
・ 13日 開山忌(かいざんき) 善光寺の開山、本田善光の忌日法要。
・ 15日 施餓鬼会(せがきえ) 7月と8月の2回執行され、お盆に合わせ、三界万霊有縁無縁の諸精霊が極楽へと生まれることを祈願する。
・ 31日 盂蘭盆会(うらぼんえ)6月と7月の2回執行され、僧侶が鳴らす双盤に合わせ、妻戸台の大太鼓が参詣者によって叩かれる。

(8月)
・ 15日 施餓鬼会(せがきえ) 7月と8月の2回執行され、お盆に合わせ、三界万霊有縁無縁の諸精霊が極楽へと生まれることを祈願する。
・ 23日 地蔵盆(じぞうぼん) ぬれ仏、六地蔵、仲見世の延命地蔵など、境内各所の地蔵尊を巡回し、子どもの健全育成を祈願。

(9月)
・ 秋彼岸の入り、中日、明け 彼岸会。

(10月)
・ 5日~14日 十夜会(じゅうやえ) 10月と11月の2回執行され、普段非公開の「十夜仏」を御本尊様の前に遷座し、開扉して供養を行う。
・ 15日 御会式(おえしき)本尊・善光寺如来が日本に渡ったことを記念し行われる。

(11月)
・ 5日~14日 十夜会(じゅうやえ)10月と11月の2回執行され、普段非公開の「十夜仏」を御本尊様の前に遷座し、開扉して供養を行う。
・ 24日 伝教講法会(でんぎょうこうほうえ) 春と秋の2回執行され、秋の法会は中国の天台智者大師智の忌日。

(12月)
・ 1日 お注連はり(おしめはり)自坊の門に注連縄をはり、正月行事の始まりを告げる。
・ 7日~9日 貴々念仏(とうとうねんぶつ) 一定の期間を定めて念仏を唱える「別時念仏」の法要。
・ 第2申の日 (非公開行事)御越年式(ごえつねんしき)本尊・善光寺如来の年越しの儀式。
・ 21日 (非公開行事)おそなえつき 正月飾り用の餅つき行事。
・ 28日 お煤払い(おすすはらい) 年に一度の本堂の大掃除。

お経を上げるお坊さん

善光寺への交通アクセス

【鉄道で行く場合】
※東京方面から
・JR東京駅(長野新幹線「あさま」で約1時間30分)→JR長野駅
※名古屋・大阪方面から
・JR新大阪駅(東海道新幹線で約1時間強)→JR名古屋駅(中央線特急「しなの」で約3時間弱)→JR長野駅
※新潟・北陸方面から
JR直江津駅(信越本線で約1時間30分)→JR長野駅

【自動車で行く場合】
※東京方面から
・中央自動車道[岡谷JCT]→長野自動車道[更埴JCT]→上信越自動車道[長野IC]
・関越自動車道[藤岡JCT]→上信越自動車道[長野IC]
※名古屋・大阪方面から
・名神自動車道[小牧JCT]→中央自動車道[岡谷JCT]→長野自動車道[更埴JCT]→ 上信越自動車道[長野IC]
※新潟・北陸方面から
・北陸自動車道[上越JCT]→上信越自動車道[須坂長野東IC]

【善光寺の地図】
大きな地図で見る

【善光寺周辺の詳細地図】 善光寺周辺の詳細地図
※善光寺公式サイトより

善光寺近くのホテル・旅館

松屋旅館
露天風呂貸切風呂部屋食送迎
×××
善光寺に一番近い宿
この松屋旅館が善光寺に一番近い宿です。善光寺参拝に大変便利で楽で疲れません。四季折々の素材を生かした会席料理が人気。
※上の地図にも載っています!

善光寺 淵之坊
露天風呂貸切風呂部屋食送迎
××××
善光寺の境内にある宿坊
善光寺の表参道に面した静かなたたずまいの宿坊。美味しい精進料理をいただき、翌朝善光寺本堂で行われる勤行「お朝事」(おあさじ)に参拝するのがオススメ。写経体験などもあります。

ホテル国際21
露天風呂貸切風呂部屋食送迎
××××
充実した設備のホテルで上質な時間を!
松屋旅館や淵之坊ほど善光寺に近くはありませんが、車で5分、徒歩で25分の至近距離。ホテルでゆっくりくつろぎたい方にオススメ。和洋中伊のお好みで選べるレストラン施設、個室岩盤浴が人気です。

その他の旅行関連サイト