>>> 温泉宿の宿泊料が大幅値引きになる楽天カード <<<

松江城ってこんなお城

松江城天守妻側松江城(まつえじょう)は、島根県松江市にある城。日本に12箇所に現存する、江戸時代以前建造の天守を有する城郭(現存天守)の一つ。国の重要文化財に指定されています。

四方を展望するのに便利な望楼式の天守が特徴で、特に南側からは宍道湖を望むことができます。

松江城の歴史

・1600年(慶長5年)
 関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏(堀尾吉晴の子)が、24万石を得て月山富田城(がっさんとだじょう)に入城し松江藩が成立。末次城址を新しい城の候補地とした
・1607年(慶長12年)
 末次城のあった亀田山に築城を開始
・1611年(慶長16年)
 この年の冬、松江城落成
・1633年(寛永10年)
 堀尾忠晴没、嗣子無く堀尾氏は3代で改易
・1634年(寛永11年)
 京極忠高が若狭国小浜藩(若狭・越前敦賀郡)より出雲・隠岐両国26万石で入封。三の丸を造営し、松江城の全容完成
・1637年(寛永14年)
 忠高が嗣子無く没し京極氏は一時廃絶(のちに他国で再興)
・1638年(寛永15年)
 信濃国松本藩より松平直政が18万6千石で入封。以後、明治維新まで続く

松江城の見どころ

■二の丸、南櫓・中櫓・太鼓櫓

二の丸、南櫓・中櫓・太鼓櫓

明治8年取壊された南櫓・中櫓・太鼓櫓が平成13年に125年ぶりに再建。かつて、南櫓は南東方面を監視するため、中櫓は武具を保管するため、太鼓櫓は太鼓を打って時刻を知らせるため、などの役目があった。

■天狗の間(てんぐのま))

天守最上階の天狗の間は、四方に壁が無く、360度展望のきく望楼となっている。展望台・司令塔などの役目を持っていたと思われる。

■石垣

松江城は、宍道湖や大橋川などに囲まれ、敵の侵入を防ぐためには優れた立地条件だったが、地盤が弱く、城の建設という面では非常に困難な土地だった。そのために、石の大きな面を内側に、小さな面を外側に出すという牛蒡(ごぼう)積という石積みの方法が用いられた。この牛蒡積みは石組みの方法としては最も頑丈な組み方とされる。

松江城の天守観覧時間等

■本丸開門時間

 ・4月1日~9月30日:午前7時~午後7時30分
 ・10月1日~3月31日:午前8時30分~午後5時

■登閣時間

 ・4月1日~9月30日:午前8時30分~午後6時30分(登閣受付は午後6時まで)
 ・10月1日~3月31日:午前8時30分~午後5時(登閣受付は午後4時30分まで)

■登閣料

 ・大人:550円(440円)
 ・子ども(小中学生):280円(220円)
 ・外国人:280円(小人140円)
  ※(  )内は団体(30名以上)料金
  ※年中無休

松江城への交通アクセス

■鉄道で行く場合

(ルート1)JR山陰本線「松江駅」からレイクラインバス10分、松江城「大手前」下車
(ルート2)一畑電鉄「松江しんじ湖温泉駅」から徒歩20分
(ルート3)一畑電鉄「松江しんじ湖温泉駅」から市営バス(北循環線内回り)5分、「県庁前下車」徒歩5分

■バスで行く場合

・松江バスロケーションシステム・ぐるっとバスナビ

【松江城の地図】

大きな地図で見る

松江城近くのホテル・旅館

サンラポーむらくも
露天風呂貸切風呂部屋食送迎
無し無し無し無し
松江城に一番近いホテル
松江城まで徒歩3分!小泉八雲記念館・島根県民会館も至近距離。松江の中心地に位置し、松江のリアルな街並みを満喫できます。宍道湖の旬の食材を使った料理も人気です。

松江ニューア-バンホテル・本館
露天風呂貸切風呂部屋食送迎
無し無し無し有り
宍道湖を一望できるロケーションのホテル
松江観光に便利なホテル。隣接する別館の展望温泉風呂も利用できます。館内にコンビニ、宍道湖の絶景が楽しめるレストラン、個室でゆっくり食事を堪能できる和食処などもあります。

松江ニューアーバンホテル・別館
露天風呂貸切風呂部屋食送迎
無し無し無し有り
宍道湖一望の絶景展望温泉のホテル
宍道湖畔に位置し、宍道湖を展望できる展望温泉大浴場が大人気。松江城・堀川遊覧船などの観光地に近く、松江を中心とした観光に便利なホテルです。

その他の旅行関連サイト