>>> 温泉宿の宿泊料が大幅値引きになる楽天カード <<<

金沢城ってこんなとこ

春の金沢城石川門兼六園に隣接する金沢城は、加賀百万石前田氏の居城。金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野(こだつの)台地の先端に築かれた戦国時代から江戸時代にかけての平山城です。

もともとは、加賀一向一揆の宗教政治の拠点で浄土真宗の寺院である尾山御坊(おやまごぼう)として栄えましたが、後に織田信長が一揆を攻め落とし、跡地に金沢城を築いて佐久間盛政を置き、城郭に改められました。

佐久間氏が賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉により滅ぼされ、前田利家が戦功により加増されて秀吉から金沢城を与えられました。前田利家は1592年から城の改修工事を始め、曲輪や堀の拡張、5重の天守や櫓を建て並べ、金沢城の原型が完成。

その後、落雷や火災などによって城の多くを失い、現存する遺構は石川門とその石垣、三十間長屋(さんじっけんながや)のみとなっていましたが、平成13年に橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)、五十間長屋(ごじっけんながや)、菱櫓(ひしやぐら)が復元されています。

金沢城の見どころ

■石川門(いしかわもん)

金沢城の現存する数少ない遺構のひとつ。国の重要文化財。

石川門

■三十間長屋(さんじっけんながや)

安政5年(1858年)に再建された軍備倉。鉛瓦葺、海鼠塀の二階建て土蔵。国の重要文化財。

三十間長屋

■菱櫓(ひしやぐら)

戦の際に大手と搦手を見張る為の建物。平成13年に復元。

菱櫓

■橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)

橋爪橋から橋爪門を通り、二の丸へ向かう人を監視する為の物見櫓。平成13年に復元。

橋爪門続櫓

■五十間長屋(ごじっけんながや)

菱櫓と橋爪門続櫓を結び、武器の保管庫と城壁を兼ねた建物。平成13年に復元。

五十間長屋

金沢城の歴史

戦国時代・安土桃山時代

 ・1546年(天文15年) 尾山御坊が建立。加賀一向一揆で加賀国の支配権を得た本願寺の拠点となる
 ・1580年(天正8年) 佐久間盛政が尾山御坊を攻め落とし、金沢城と改称
 ・1583年(天正11年) 賤ヶ岳の戦いで戦功のあった前田利家が羽柴秀吉から加増を受け入城
 ・1587年(天正15年) バテレン追放令で除封された高山右近が前田利家に呼ばれ、城の大改造を行う
 ・1592年(文禄元年) 利家の子、前田利長が再び改造を行う
 ・1602年(慶長7年) 天守が落雷によって焼失、代わりに三階櫓が建造された

江戸時代

 ・1632年(寛永9年) 辰巳用水が城内に引かれた
 ・1759年(宝暦9年) 宝暦の大火に見舞われる

近代

 ・1873年(明治6年) 全国城郭存廃ノ処分並兵営地等撰定方により存城処分となり陸軍省の財産となる
 ・1875年(明治8年) 陸軍第7連隊が金沢城址に置かれた
 ・1881年(明治14年) 火災で石川門と三十間長屋と鶴丸倉庫を残して焼失
 ・1898年(明治31年) 陸軍第9師団司令部が金沢城址に置かれ、第二次世界大戦が終わるまで存続

現代

 ・1949年(昭和24年) 戦後新設された金沢大学(丸の内キャンパス)として使われる
 ・1995年(平成7年) 金沢大学が移出
 ・1996年(平成8年) 石川県が国から金沢城祉を取得し、金沢城址公園として整備を開始
 ・2001年(平成13年) 菱櫓・橋爪門・橋爪門続櫓・五十間長屋が復元完了し、金沢城公園と改称
 ・2006年(平成18年) 日本100名城に選定された
 ・2008年(平成20年) 金沢城跡として国の史跡に指定された

金沢城への交通アクセス

(路線バスを利用する場合)
・金沢駅 → 兼六園下下車 → 金沢城公園(石川門口)・兼六園(桂坂口)
・金沢駅 → 広坂下車 → 金沢城公園(いもり坂口)・兼六園(真弓坂口)

(タクシーを利用する場合)
金沢駅より 約10分

(自動車を利用する場合)
・北陸自動車道 金沢西ICから 約30分
・北陸自動車道 金沢東ICから 約30分
・北陸自動車道 金沢森本ICから 約20分

※駐車場案内
兼六駐車場
住所 金沢市小将町1-53
駐車台数 普通車554台・バス(マイクロバス含む)66台収容
営業時間 24時間(年中無休)
取扱時間 7:30~22:00(取扱時間以外は入出庫できません)
料金 [普通車]
7:30~22:00 最初の1時間350円 超過30分毎150円
22:00~翌8:00 1泊1,010円

[バス]
7:30~22:00 最初の1時間1,930円 超過30分毎300円
20:00~翌8:00  1泊2,650円

【金沢城の地図】
大きな地図で見る

金沢城近くのホテル・旅館

兼六城下町ホテル兼六
天然温泉貸切風呂部屋食駐車場
×××◎(無料)
兼六園・金沢城公園に一番近いホテル!
兼六園まで徒歩1分!兼六園・金沢城公園に一番近いホテルです! 兼六園早朝無料入園で、静かな兼六園を満喫出来ます。 じゃらんのクチコミ評価でも高評価。 観光地への交通にも最適な23室の隠れ家的なホテルです。
【住所】石川県金沢市兼六町2-5

金沢白鳥路ホテル
天然温泉貸切風呂部屋食送迎
××
(1日1000円)
兼六園・金沢城公園のすぐ近く。天然温泉大浴場付。
金沢城公園・兼六園・東茶屋街へは徒歩圏内。地下807mより湧き出でるお肌に優しい天然温泉で旅の疲れを癒します。「まほろば」は旬の素材を使った加賀会席・「ポルソ」はコース料理が人気。じゃらんのクチコミ評価も高評価。
【住所】石川県金沢市丸の内6-3

KKRホテル金沢
天然温泉貸切風呂部屋食駐車場
×××
(1日500円)
金沢城の石垣を眺めながら食事できる唯一のホテル
金沢城公園大手堀前に位置し、兼六園・近江町市場・ひがし茶屋街も至近距離で観光に最適な立地。古都金沢の情緒を思う存分満喫出来ます。じゃらんのクチコミ評価も高評価。
【住所】石川県金沢市大手町2-32

その他の旅行関連サイト